椅子の修理と張替え方法です。
手間はかかりますが、難しくはないですヨ!

当店からではありませんが約20年ほど前に購入したそうです。
[伊豆木器=IF]というメーカーのイスでした。
「きれいになるのなら、もったいないから・・・」
「明後日、お客様が来るので、それまでに治せるかしら?」
△止せばいいのに、軽〜く「なんとかしましょう!」などと・・・

▲手入れしづらい場所には
永年の、こびりついた汚れ!

◎歯ブラシなどで汚れを落とします・・・

◆このイスは15年ほど使用したものですが、ナラ材でシッカリ
作られており、ガタつきや接合部の弱りも全然無い良いイスです。

◆現在、日本製でこのランクのイスですと1脚=5万円ほどです。
◇お客様も思い入れのあるイスということでしたので、張り替えて
お使いになるようお薦めいたしました。

*ちなみに、このような背付きのイスの場合、布代金と手間代金で
 約2万円前後の費用がかかります。

★まずは、布をはがします。
▲やはり赤布を雑にはがして
緑布を張りなおしてあります。

▲想定外です。
ホチキスの数が通常の2倍!
これを全て抜かなければ
なりません・・・

☆グラつきがなくなって
 シッカリしました。
手間と根気と時間
この3ツがあれば、
誰にもできる作業です。

▲布が破れ中のスポンジも傷んでいます。

▲接合部が開いてしまって・・・
◎グラグラしています

▲イヤ〜な予感!
▲布が2色見える!

◎座面を接着します。
▲グラグラと、ゆがみのひどいイスは
一度バラバラに分解して組み直します。
一般的な木工用ボンドで充分ですが・・・
物を接着する場合のコツは
[くっつくまで、締め付けておく!]
 ===これが最も重要です!===
▲イスやタンスの引出しが壊れた場合
[ボンドを着けただけではダメ!なのです。

◎「ビニールひも」などで、グルグル巻いて
締め付けるなどして、一晩寝かせばOKです。

◎ハタ金やビニールひも
梱包用のPPバンドなどを
使って締め付けます。

 ◎全体を清掃して
 塗装のはがれて
 いた部分は着色して
 いかがです?
 こんなにキレイ!!

★◎★
 
新しい
座面を
張りました

    ★◎★

♪こんなに
キレイになったヨン♪

◆前のページ:張替修理1へ戻る
◆笹本家具トップページへ戻ります